Lifull 保険相談|保険相談窓口で保険選び・保険比較
サービス統合に関するお知らせ

よくある質問

もっと見る

Q.保険相談窓口(来店型保険ショップ)とはどんなお店ですか?
A.保険相談窓口・来店型保険ショップは、保険会社の商品を取り扱っている店舗型の保険代理店です。全国で数百店舗を運営する大手保険ショップから地元密着の小規模店舗があり、出店場所もショッピングモール・スーパー・駅ナカ・駅前・国道などのロードサイドなどさまざまです。Lifull保険相談では、複数社の保険会社の商品から比較・検討でき、お客様のニーズに合わせてご提案する総合型保険代理店(乗合代理店)を掲載しております。※詳しくは「 保険の相談窓口とは?」をご覧ください。※一部店舗は専属型保険代理店となります。店舗紹介ページをご確認ください。
Q.相談は無料ですか?
A.保険相談はすべて無料です。何度でも無料ですので、お気軽に、納得いくまでご相談ください。Lifull 保険相談で掲載している保険相談窓口・保険ショップは、保険代理店です。保険会社からの代理店手数料などで運営しているため、保険加入や見直しの相談だけでなく、加入・契約手続きなど保険会社との事務手続きも無料です。また、お客様からLifull 保険相談へ紹介料なども一切ございませんので、ご安心ください。
Q.土日や祝日でも相談できますか?
A.多くの店舗は、土日・祝日も営業しておりますので、ご希望にあわせてご来店ください。ただし、土日・祝日は混雑が予想されます。余裕を持って、ご予約されることをお勧めいたします。各店舗の営業日・時間は店舗紹介ページをご確認いただくか、コールセンター(0120-249-500)までお問い合わせください。
Q.保険に加入しなくても大丈夫ですか?
A.必ずしも保険に加入する必要はございません。保険の加入の判断は、お客様ご自身にお任せしております。ご提案内容や相談内容にご納得できない場合は、加入をする必要はございません。ご不安な点や納得できない点などございましたら、お気軽にお気軽に申し付けください。お客様のご希望に合ったプランをご提案いたします。
Q.保険相談のメリットとデメリットとは?

A.保険相談をする上でのメリットやデメリットは様々あります。保険相談をするメリットは、 プロから詳しいアドバイスをしてもらいプランを決められることです。一方のデメリットとしては、来店型の保険相談の場合、 店舗窓口に来店しなければならないことが挙げられます。

保険相談のメリット

保険相談をするメリットは、多数ある保険のなかからプロと一緒に相談しながら自分に合ったプランを選べることです。 生命保険のプランは数多くあるため、保険に関する詳しい知識がないとどれを選べばいいのか分からず迷ってしまいます。 そのため、プロに保険相談をすることで、不安な点や疑問に思うことを気軽に相談することができ、納得して契約することができるのです。 Lifull保険相談では、掲載している保険相談窓口や保険ショップでの保険相談は、すべて無料です。 無理な勧誘やしつこい営業なども一切ございませんので、不安な点や疑問などがありましたらお気軽にご相談ください。

保険相談のデメリット

保険相談のデメリットとしては、来店型の保険相談の場合には店舗に行かなければならないことです。 相談から契約までが1度で済んでしまえば問題ありませんが、契約に至らなかった場合には再来店しなければなりません。 保険会社によっては、妊娠中や小さな子供がいるなどの理由で店舗に来店できなければ、お客様が希望する場所で 保険相談ができる訪問相談を行っていますので、問い合わせて確認してみましょう。また的確なアドバイスを受けるためには、 年収や生活費、希望する保障内容、現状のライフスタイル、将来のビジョンなどは明確にしてから来店するようにしましょう。

保険見直しのタイミング

保険の見直しをするタイミングは、結婚や出産、収入増減、マイホームの売却や購入など、生活に変化が生じた際がよいでしょう。 また契約更新の時期も保険を見直すタイミングです。更新型保険の場合は、年齢に応じて保険料が変わります。 特に気にせず更新すると、以前より保険料の負担が増えてしまうこともあるため見直すタイミングとして最適です。 保険は1度加入したら終わりではありません。新しい保険が続々と登場しているため、タイミングを見計らいながらプロと 相談して将来に備えるようにしましょう。

Q.保険相談の際には何を持っていくべき?

A.保険相談には、身分証や現在加入している保険の保険証券など、いくつか持っていくべきものがあります。 保険相談の予約をする前に保険証券があるか確認しておき、忘れずに持参するようにしましょう。

保険相談の時に必要な持ち物

保険を見直したい場合に不可欠となるのが保険証券です。保険証券とは、保険契約の成立を証明する証書で、保険の種類や契約者、 被保険者名、保障内容、契約日などが事細かに記されています。プランナーがこの保険証券を確認することで、相談がスムーズに 進むことになります。万が一、保険証券を紛失してしまった場合には、保険会社に問い合わせれば再発行が可能です。 相談に行く前に確認し、紛失していれば再発行してから保険相談の予約をしましょう。加入手続きまで行う場合は、身分証明書、 印鑑、口座番号やクレジットカードなどが必須です。ただし保険相談は何度か訪れてから契約に至るケースも多くあるため、 初回で必ず必要というわけではありません。

持っていくと役に立つ便利なもの

保険相談に行く際の持ち物で、必須ではないものの持っておくと便利なものがあります。例えば大きめのバッグやエコバックを持っていると、 保険に関する資料を貰ったときにも便利です。他に、健康診断の結果も保険加入時の参考資料になります。健康状態によって加入すべきプラン 内容が変わってくるためです。健康診断の結果から不安な点が見えてくれば、そのことを踏まえたプランに加入できて安心です。必要であれば、 メモ帳や筆記用具も持参しましょう。これらを持っておくことで、保険の相談中にメモを取りながら聞くことができ、家に帰ってから再度内容を 確認して考えることができます。複数の専門プランナーと保険相談をするのであれば、メモを見ながら自分で比較できて便利です。

保険相談は事前に準備をしておきましょう

保険相談は気軽に利用できるものですが、事前の準備は大切です。何となくアドバイスをしてもらうのではなく、希望するプランをある程度 固めておくと、相談もスムーズに進みます。すでに何度か相談したことがある場合は、その際の資料を持っていくと参考になります。 保険相談をする際には、事前準備を欠かさないようにしましょう。