住宅ローン・団体信用生命保険によって軽減されるリスクとは?|保険の選び方コラム|生命保険|Lifull保険相談

相談予約サポートセンターの受付時間延長のお知らせ

全国の保険相談窓口のご紹介とご予約を受け付けているコールセンターの受付時間を以下の通り変更いたしました。

住宅ローン・団体信用生命保険によって軽減されるリスクとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
葛西 晶子
  • 暮らしと保険のFP相談室 相談員・CFP認定者
  • 葛西 晶子
  • 2016.06.27
  • 生命保険

団体信用生命保険とは?

住宅ローン専用の生命保険です。住宅を購入する時、ほとんどの方は住宅ローンを組むことになると思います。その際、住宅ローンの返済中にローンの契約者が死亡または高度障害状態になった場合に、住宅ローンの残高に相当する保険金が支払われる制度です。

そのため、一家の大黒柱を失った後でも、遺された家族はローンの返済をする必要が無く、今まで住んでいた家にそのまま暮らすことができます。最近では三大疾病保障特約や七大疾病保障特約なども追加することができるようになりました。

団体信用生命保険は、原則、強制加入

民間の金融機関で住宅ローンを組む時には、原則、団体信用生命保険に加入することが要件となっています。その場合、団体信用生命保険の保険料は、毎月の利息に含まれています。しかし、住宅金融支援機構のフラット35などの一部の住宅ローンについては、団体信用生命保険は任意加入のため、加入の場合は別途保険料を支払う必要があります。

団体信用生命保険か収入保障保険か!?

収入保障保険という保険はご存じですか?収入保障保険とは、保険料は掛け捨てで、死亡または高度障害状態になった時に、一定の期間、年金形式で毎月決められた保険金を受け取ることができる保険です。

そのため、保障額は年々減っていくことになりますが、同じ掛け捨ての定期保険よりも保険料が安いので、最近人気の保険です。

例えば、下の図のように、契約時35歳:毎月20万円を60歳まで受け取れる契約をした場合、加入した年に亡くなってしまうと、20万円×12か月×25年間で、総額6,000万円を受け取ることができます。このように、住宅ローンの返済額に合わせて保障額を設定すれば、この収入保障保険を団体信用生命保険の代わりにすることも可能です。

また、年齢の若い方なら、収入保障保険の方が、団体信用生命保険よりも、保険料の支払総額が安くなる場合があります。

35歳の男性で、返済期間25年、返済額3,500万円のローンを組んだ場合の団体信用生命保険の保険料の支払総額は、約170万円でしたが、ある生命保険会社の収入保障保険の毎月の受取年金額を15万円に設定した場合の保険料の支払総額は約160万円になりました。

なお、年齢が40代以上の方は団体信用生命保険の方が安くなる傾向にあります。

収入保障保険は年齢が若い方が保険料は安くなりますが、団体信用生命保険は、年齢に関係なく保険料は一律です。したがって、年齢の高い方には団体信用生命保険がお勧めです。

収入保障保険 受取イメージ

住宅ローンを組んだら保険も見直そう

私たちFPが生命保険に加入したい方や改めて見直しをされる方の相談を受ける時には、その方の必要保障額を計算します。必要保障額とは、下記の図のように計算しますが、一生賃貸の方の場合と持ち家の方の場合では、必要保障額が大きく変わってきます。

もし、遺された妻のためにと、何千万円もの死亡保障のついた定期保険に加入している方なら、住宅をローンで購入し、団体信用生命保険に加入してしまえば、その分定期保険は必要なくなります。

今まで定期保険に払ってきた保険料を今度は老後のために貯蓄することもできますし、子供の教育資金のために貯蓄することもできますね。ライフスタイルが変わったら、保障が重複して無駄になっている保険や、足りない保障はないかなど、その都度保険の見直しをするようにしましょう。

必要保障額計算式

まとめ

住宅ローンを組んだら、契約者が死亡した場合や高度障害状態になった場合のことを考えて、団体信用生命保険や収入保障保険などに、必ず加入するようにしましょう。遺された家族が今まで通り安心して暮らしていけるように、ライフステージに即した保障の事をしっかりと考えましょう。

※保険契約については、各保険会社・保険商品により審査基準が異なります。
 本サイトの内容は、保険の加入(契約)や保険金・給付金の受け取りの可否を断定するものではありません。

「Lifull保険相談」では、全国1,000店舗以上の保険ショップの検索・予約が可能です。保険相談のご予約はWEBサイトまたはお電話にてご希望の店舗をご予約ください。なお、お急ぎの場合やお近くのショップが見つからない場合は、お気軽に電話でお問い合わせください。

通話無料・年中無休(受付/09:30~19:30)

0120-249-500

この記事を書いた人

葛西 晶子
  • 暮らしと保険のFP相談室 相談員・CFP認定者
  • 葛西 晶子

会計事務所勤務中に、マネーの相談を受けるようになり、マネー全般の知識が学べるFPの勉強を始める。子育てと仕事、FPの勉強を両立させながら、CFP ®を取得。現在は、川崎の武蔵小杉を拠点にし、FPフとして、家計や保険の見直し、教育資金相談、リタイヤ後の相談、税金対策など、幅広い相談を受けている。私生活では小学生と中学生の母親として日々子育てに奮闘中。

保険相談・保険見直しならLifull保険相談|トップへ

お近くにある保険相談窓口や店舗をカンタンに検索できます!

通話無料・年中無休(受付/09:30~19:30)
0120-249-500