【群馬県】の保険窓口・保険ショップ・保険代理店|保険相談・保険見直し
サービス統合に関するお知らせ

群馬の保険相談窓口 15店舗

群馬県の保険窓口・保険ショップをお探しなら、Lifull(ライフル)保険相談で!店舗へのアクセス・住所・営業時間や女性スタッフ・キッズスペース・駐車場の有無、またスタッフからのご案内など豊富な情報を掲載しています。エリアや駅・地図からの検索・予約が可能です。

探し方を選んでください

群馬県の保険ショップ・保険代理店をエリア(市区町村・地区)・駅・地図から探すことができます。

群馬県のお役立ち情報

群馬県は、日本列島の内陸中央部、関東地方の北西部に位置します。県庁所在地は前橋市です。2014年に、富岡市の富岡製糸場など4件が「富岡製糸場と絹産業遺産群」として世界遺産に登録されました。県の形が羽を広げた鶴のように見えるため、上毛かるたでは「つる舞う形の群馬県」という札があります。

県のマスコットは「ぐんまちゃん」です。

群馬県を形つくる地域、経済

人口が10万人以上の市は前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市の5市で、前橋・高崎は中核市に、伊勢崎・太田は特例市となりました。江戸時代に小藩が分立していたため、他県のような大きな人口集積地域はみらません。特に伊勢崎市や太田市は周辺農地の転用住宅地が散在し、人口規模に見合ったような中心市街地がないのが特徴です。

戦後はこれまでの平野部の農業、工業製造業も復活しましたが、娯楽民生に技術を転用した好例として遊技機(パチンコ機パチスロ機)の製造販売が盛んになりました。

群馬県の子育てと教育の取り組み

群馬県は、家庭教育応援条例として各家庭が主体的に家庭教育に取り組むための環境整備に努めるとともに、家庭教育を社会全体で応援し、地域の宝である子どもたちが、将来に希望を持ち健やかに成長することをともに喜びあえることを目指しています。

また、生涯学習情報提供システムとして「まなびねっとぐんま」というサイトを開設しています。

群馬県の福祉と医療の取り組み

群馬県は、高齢者へのサポートとして県内在住の65歳以上高齢者に「ぐんまちょい得シニアパスポート(ぐーちょきシニアパスポート)」を配付しています。協賛店において提示することで、割引などの優遇措置が受けられます。

食育にも力を入れており、県の公式ページにて積極的に情報を発信しています。

医療も整っている群馬県で保険相談を

医療保険には、公的医療保険や高額療養費制度や会社の福利厚生等などがあります。公的なものとしては、健康保険・共済組合・船員組合・国民健康保険・後期高齢者医療制度があり、病院に診察を受ける場合はほとんどの方が利用している保険です。

しかし、公的な保険は保障されていない部分も多く、その足りていない部分は民間の医療保険で備えることで十分な保障を受けることができます。

群馬県では、三大疾病が全国平均であることから保険で備えておきたいところですが、保険の知識がない方は保険ショップなどでの無料相談を受けることで様々な保険を知ることができますのでおすすめです。