【川崎市】の保険窓口・保険ショップ・保険代理店|保険相談・保険見直し
サービス統合に関するお知らせ

川崎市の保険相談窓口 17店舗

川崎市の保険窓口・保険ショップをお探しなら、Lifull(ライフル)保険相談で!店舗へのアクセス・住所・営業時間や女性スタッフ・キッズスペース・駐車場の有無、またスタッフからのご案内など豊富な情報を掲載しています。エリアや駅・地図からの検索・予約が可能です。

探し方を選んでください

川崎市の保険ショップ・保険代理店をエリア(市区町村・地区)・駅・地図から探すことができます。

川崎市のお役立ち情報

川崎市は、神奈川県の北東部に位置する政令指定都市で、政令指定都市の中では最も面積が小さいが、人口は非都道府県庁所在地の市の中では最大です(唯一100万人を超えています)。

東京のベッドタウンとしての性格が強く、通勤路線を通じて東京都心部との交流が深く、各路線ごとに東京区部・横浜市北部を含めた沿線地域圏を形成しています。

川崎市を形つくる地域、経済

川崎市は、先端技術の研究所なども多く立地し、かわさきマイコンシティ、かながわサイエンスパークの建設などもこれを促進しています。

また、芸術関係での産業振興に力を入れており、麻生区では、新百合ヶ丘駅付近への昭和音楽大学、日本映画大学の誘致や、川崎市アートセンターの建設、KAWASAKIしんゆり映画祭の開催などが進められています。なかでも2004年ミューザ川崎オープン後「音楽のまち・かわさき」を推進しています。

川崎市の子育てと教育の取り組み

川崎市は市のHP内に「かわさきし子育て応援ナビ」を設置し、子育てのサポート、情報の発信はもちろん、ひとり親の就職・転職応援セミナーも同時に開催し、親御さんのサポートも行っています。

保育に関する事業者・就労支援情報も積極的に発信しています。

川崎市の福祉と介護の取り組み

川崎市は高齢者をはじめ誰もが、住み慣れた地域や自らが望む場で暮らし続けることができるよう、地域において「介護・リハビリテーション」「医療・看護」「保健・予防」「福祉・生活支援」などの必要なサービスが必要な方に提供されるための仕組みである、地域包括ケアシステムの構築を進めています。

また、他の自治体に先駆けて、性同一性障害についてのお悩み、相談も受けています。

保険相談も含めて万全な準備をしよう

川崎市で、医療保険を見直す前に知っておきたい情報として、川崎市の医療情報があります。医療施設数は全国平均の19か所に対して42か所あり、病床数も、全国平均の975床に対して1万床以上と充実しています。

一方三大疾病が全体の死因に占める割合は、男女問わず全国平均を上回っています。東京のベッドタウンでもあるため人口が多い影響もあるでしょう。

保険を見直す際には、こうした疾病に対してもしっかりと備えられるタイプのプランの説明も保険相談の際、確認しておくと安心です。医療保険だけでなく生命保険のことでも不安があればお住まいの地域にある保険相談窓口へ足を運んでみてください。