【横浜市】の保険窓口・保険ショップ・保険代理店|保険相談・保険見直し
サービス統合に関するお知らせ

横浜市の保険相談窓口 34店舗

横浜市の保険窓口・保険ショップをお探しなら、Lifull(ライフル)保険相談で!店舗へのアクセス・住所・営業時間や女性スタッフ・キッズスペース・駐車場の有無、またスタッフからのご案内など豊富な情報を掲載しています。エリアや駅・地図からの検索・予約が可能です。

探し方を選んでください

横浜市の保険ショップ・保険代理店をエリア(市区町村・地区)・駅・地図から探すことができます。

横浜市のお役立ち情報

横浜市は、神奈川県の東部に位置する都市で、同県の県庁所在地です。現在の総人口は日本の市町村では最も多く、人口集中地区人口も東京23区(東京特別区)に次いで多くなっています。

観光地とても有名で、神奈川県の調べによる横浜・川崎地域の入込観光客数は5,598万2千人で、これは県全体の入込観光客数の32.7%を占めており、地域別では最も多い数字です。

横浜市を形つくる地域、経済

東京、川崎から続く市域の沿岸部には、京浜工業地帯が広がっています。横浜駅へ鉄道路線を集中したため、商業の中心地は関内地区から横浜駅周辺へと移っています。そのため元々の中心地であった伊勢佐木町や関内の相対地位が低下しており、その中間に位置する「みなとみらい21(横浜ランドマークタワー他)」を整備することで都心の一体化を目指しています。

横浜市の子育てと教育の取り組み

横浜市はパパ育児をおもしろ楽しくするサイト「ヨコハマダディ」を開設し、「子育てりぶいん」として、子育て世帯が安心して入居できるように、住宅や環境など、家賃の一部を助成を行っています。

また、生涯学習ページ「はまなび」を開設し、横浜市教育情報ネットワーク(Y・Y NET)など、教育にも力を入れています。

横浜市の福祉と介護の取り組み

医療施設の充実、各種介護保険や後期高齢者医療制度はもちろん、「濱ともカード」を発行し、「濱とも協賛店」に提示すると、商品・入場料の割引などのサービスを提供しています。

他にも「ヨコハマいきいきポイント」は、介護保険施設等でのボランティア活動で、換金できるポイントを企画しています。

ご年配の方が楽しく生きるための仕組みを多く提供している地域と言えます。

保険相談も含めて万全な準備をしよう

医療保険というのは、生命保険の一種です。これは人生の大きなイベントごとに見直したい保険ですが、一体どういった時に見なおせばよいのでしょうか。

横浜市だと、三大疾病が全体の死因に占める割合は、ガンの占める割合が、全国平均より男女平均で3%ほど高くなっています。急性心筋梗塞も、男女ともに全国平均より1%高くなっていますが、脳梗塞に関しては、男性は全国平均値で、女性は全国平均を下回る結果が出ています。

日ごろからこういった一般的な地域の病気の傾向をチェックしておき、保険の更新や見直しのタイミングで参考にすると良いでしょう。