【京都】の保険窓口・保険ショップ・保険代理店|保険相談・保険見直し
サービス統合に関するお知らせ

京都の保険相談窓口 24店舗

京都府の保険窓口・保険ショップをお探しなら、Lifull(ライフル)保険相談で!店舗へのアクセス・住所・営業時間や女性スタッフ・キッズスペース・駐車場の有無、またスタッフからのご案内など豊富な情報を掲載しています。エリアや駅・地図からの検索・予約が可能です。

探し方を選んでください

京都府の保険ショップ・保険代理店をエリア(市区町村・地区)・駅・地図から探すことができます。

京都のお役立ち情報

人口約260万人の京都は、世界遺産に登録される歴史的史跡が多く、年間に5,500万人ほどの観光客が訪れる都市です。周辺府県からのアクセスもよく、中心街には大型のデパートも立ち並んでいるためショッピング目的で訪れる人も多くいます。

京都の医療環境

京都府の病院数は全体で約170あり、そのうち100以上の病院が京都市地域に開設されています。また京都府は病床数が充実しており、長期入院に対応している総合病院の数も多いのが特徴です。

また京都市伏見区には高度医療を受けることが可能な総合病院として「京都医療センター」が開業しています。1908年から地域の医療を支える拠点として運営されており、治療の難しい疾病に関しても受診できることから、信頼性の高い医療施設です。

子供の医療費の負担を減らす制度

京都府は医療に関する制度も数多く施行されており、そのうち京都市が運営している「子ども医療費支給制度」について紹介しましょう。これは子供にかかる入院・通院費用の一部が公費で負担されるという内容の制度です。2015年に対象が拡大され、中学校3年生までの義務教育を受けている年代の子供に、一律で支援が行われるようになりました。

具体的には、0歳から2歳児の入院や通院の場合、市民の負担は月に200円となります。また、3歳から中学校3年生までの子供は入院に関しては月に200円、通院に関しては月に3,000円を超える分について医療費が支給されます。ただしどちらも1医療機関あたりの金額です。

保険相談も含めて万全な準備をしよう

京都市では、65歳以上70歳未満の人に対しても医療費の補助を行っています。こちらは自己負担の限度額が定められ、継続的な資金が必要になっても安心できる制度です。ただし利用するには、市が定める条件を満たす必要があり、70歳を超えると補助の対象外になります。高齢になったときに備えて、医療保険を考えてみるのも選択肢です。京都市内を中心に保険相談所がありますので、ぜひお近くの相談所へ足を運んでみてください。