【山形県】の保険窓口・保険ショップ・保険代理店|保険相談・保険見直し
サービス統合に関するお知らせ

山形の保険相談窓口 3店舗

山形県の保険窓口・保険ショップをお探しなら、Lifull(ライフル)保険相談で!店舗へのアクセス・住所・営業時間や女性スタッフ・キッズスペース・駐車場の有無、またスタッフからのご案内など豊富な情報を掲載しています。エリアや駅・地図からの検索・予約が可能です。

探し方を選んでください

山形県の保険ショップ・保険代理店をエリア(市区町村・地区)・駅・地図から探すことができます。

山形県の駅から検索(人気順)

山形県のショップから検索

山形県のお役立ち情報

山形県は、東北地方南西部の県で、日本海に面しています。県庁所在地は山形市です。

県の東側一帯で宮城県との境に奥羽山脈、県の西部に朝日連峰がそびえているように、県域の大半 (85%) を山地が占め、総面積に対する森林の割合は75% 、農業用地の割合は15%です。県の中央には最上川が流れており、県民の多くがこの川の流域に住んでいるため、「母なる川」とも呼ばれています。北西側の日本海上には県唯一の離島、飛島があります。

山形県を形つくる地域、経済

山形県は果樹王国として全国的に有名です。主な生産品としてはサクランボやブドウがあり、特にさくらんぼの佐藤錦は高級ブランドとして有名です。

米の収穫量は、2006年の県別順位で5位で、東北各県や新潟県とともに稲作が盛んな地としても知られています。

庄内地方では養豚が盛んに行われています。

山形県の子育てと教育の取り組み

山形県は、企業や店舗の皆様にご協力いただき、「やまがた子育て応援パスポート」事業を実施しています。

山形県では毎年11月第2土曜日を「やまがた教育の日」と定め、「教育を支える文化・風土」をはぐくむとともに、未来の山形を担う心豊かでたくましい子どもたちを育成することを目指しています。

山形県の福祉と医療の取り組み

山形県は、「こども医療療育センター」や「療育センター庄内」、「精神保健福祉センター」など幼児からご年配の方、障害のある方などすべての県民に対して福祉サービスを展開しています。

また、高齢化が進行してはいますが、平均在院日数は全病床で29.4日(全国平均34.7日)、老人医療費は一人あたり69万5,675円(全国平均82万1,403円)であり全国でもトップクラスの低い値となっています。

医師費に備えるためにも保険相談を

山形県にお住いの方が医療保険を見直す前に知っておきたいこととして、この地域の医療情報があります。山形県は、医療施設数が全国平均の半分以下となっています。病床数も同じく、全国平均から見ると大きく下回っています。医師数も全国平均の三分の一程度に留まっています。

一方、三大疾病が全体の死因に占める割合は、男女ともにガンの占める割合が全国平均より1%低いほかは、急性心筋梗塞、脳梗塞ともに、全国平均をわずかに上回っているという結果が出ています。

いざという時に必要な治療が受けられないという事態にならないためにも、病院の場所や加入している保険の保障範囲内について知っておきましょう。